ガス生活のご提案「吉本商事」徳島でガスのことなら、吉本商事へ。ガスコンロ・ガス調理器・ミストサウナ・浴室暖房乾燥機・温水式床暖房・給湯器、リフォームもお任せください。

「ミストサウナのある生活」毎日の入浴で、心身ともにリラックス
忙しい毎日の中で、知らず知らずにストレスが溜まってしまいがちです。
身体の冷えやコリ、腰痛、便秘、吹き出物などお肌のトラブル、不眠やイライラ。突然 訪れるさまざまな症状は、ストレスとホルモンが大きく影響しています。

元気な毎日を過ごしていくためには、自立神経のバランスを整えリラックスすることが大切。
1日働いた心と身体をホッと休ませ、疲れを翌日に残さないこと。そのための最も手軽な方法が、毎日の入浴です。
おふろにはさまざまな効果があります。お湯のあたたかさが身体の新陳代謝を促す「温熱効果」、水圧によって血行を良くし、
身体のコリや冷え、足のむくみなどを解消する「静水効果」。
ただし、お湯の温度によって、神経に及ぼす及ぼす効果が異なります。
42℃以上の熱いお湯は「活動」をコントロールする交感神経に働くので、身体をシャキっとさせたいときに!逆に、
37〜40℃のぬるめのお湯は「リラックス」をコントロールする副交感神経に働くので、心を落ちつかせたいときにおすすめです。
(熱いお湯につかるときには、身体への負担を考えて5分以内にしましょう。)
うるおいと新陳代謝を促す「保湿浴」とは?
浴槽に全身つかって、の〜んびり!これがいままでの入浴の標準的なスタイルだった「全身浴」。お湯の「静水圧効果」により、
コリやむくみを解消してくれる効果があります。でも、全身に水圧がかかるため、肺や心臓などに負担がかかるのが難点。
また、「全身浴」でリラックス効果を高めるためには、42℃以上の熱めのお湯に入るのは避けましょう。肌がふやけるほど浴槽
に長くつかりすぎるのもおすすめできません。特にお年寄りや高血圧の方はご用心!
そこでおすすめしたい入浴方法が、おなじみになった「半身浴」です。37〜40℃のぬるめのお湯に、下半身をできるだけ伸ばして、
みぞおちあたりまでつかりましょう。下半身からじんわり身体の芯まで温まり、15〜20分もすると驚くほど汗が流れてきます。
身体に負担をかけずに血行がよくなり、スムーズな発汗で新陳代謝が促され、心身ともにスッキリ!
寒い季節には、肩に乾いたタオルをかけると上半身のひんやり感を防げます。なお、「半身浴」でも、「ミスト浴」をプラスすれば上半身
が寒くなることはありません。
「全身」よりスムーズに新陳代謝を促す「半身浴」。その効果を、さらに高めるのが手軽にエステ気分を味わえる新しい入浴スタイル「ミスト浴」です。
ミストとは霧のことで、体温より少し熱めのお湯を浴室内や、直接全身に霧状に噴射してバスルームを暖かく高湿度の状態にして楽しむ入浴法です。高温で乾燥した一般的なサウナと異なり、浴室全体が水分で覆われるため、肌や髪へのダメージも少なく、うるおいを保ちながら新陳代謝を促すことができます。
お肌は無数の水滴によって包まれている状態ですから、汗腺が短時間でゆるみ、老廃物の排出 がさらにスムーズに・・・。なにより、冬でも上半身の寒さを感じることなく全身の血行が高 まりますから、湯あがり後もポカポカです。
美容と健康に効く!発汗の効果
最近、いい汗かいてますか?
「1年を通じて、エアコンの中で過ごすことが多くなった現代人は、汗をかきにくくなったといわれています。汗をかかないと、身体のなかには
老廃物が溜まって、なんとなく調子が悪い、身体が重いということに…
体調の維持には適度なスポーツがおすすめですが、これは運動による発汗で老廃物が排出され、血液をキレイにしてくれるためです。
また、汗は体温や体内の水分量を調節する役割も担っています。汗をかきにくい人は、身体に熱がこもって自立神経のバランスを乱したり、余分な水分によりむくんだりすることも少なくありません。

健康のためには、発汗を習慣にすること。すぐに始められるウォーキングなどの運動で、毎日、いい汗をかくようにしたいものです。
ミスト浴ビフォアー・アフター
エアコンの効いたオフィスで一日中仕事。乾燥しがちな肌なのに、おでこや鼻がすぐテカテカするバランスの悪い肌が悩み。
普段の入浴は全身浴でじっくりとたっぷり1時間。ミストじゃなくても今のところ満足だけどもっと早く汗をかきたい!

汗をたくさんかきたいのに、敏感肌でドライサウナが苦手。健康ランドのスチームサウナの蒸気で気分が悪くなったことも。
ミスト浴の体験後は化粧水がお肌にぐんぐんしみ込んで、お肌の老廃物もすっきり落ちたことを実感しました。お肌がリセットされたみたい。
ミストで半身浴しながら入浴。ミストが気になるかと思っていたのに、とても自然でリラックス。あがった後は、体がすっきりして軽くなったみたい。これなら毎日続けてもいいかも。
高温でチリチリしたドライサウナやスチームサウナの高温の蒸気が苦手な私でも、今回はとっても気持ち良く、ついウトウトしてしまいました。居心地の良さ、リラックス感は抜群ですね。
部屋の中ではエアコンのおかげで汗が出ない、外では化粧崩れが気になるから水分は控えて汗を抑える。そして、毎日運動するなんてとてもムリ!
そんな汗かきベタな人は、毎日のおふろタイムをいい汗をかく時間にしましょう。

肌のタイプは違っても、汗をかいて皮膚の老廃物を押し出す習慣が美肌を作る秘訣です。
汗かきベタは身体によくないだけでなく、美容の大敵でもあります。
水分を控えて汗をかかないお肌は、カラカラの乾燥肌に。美しいメイクを崩さないための努力が逆効果になってしまいます。
逆に、テカテカオイリー肌の人は、皮膚全体に老廃物がたまりがち。 とくに毛穴の奥や小鼻のまわりなどは、発汗が少ないと汚れが残ってしまいます。
ミストで暖められたおふろでは、まず毛穴が開き、そのあと汗がゆっくりとでてきます。保湿浴ではミストの力で毛穴がしっかり開き、汗と一緒に老廃物
や古い角質層が洗い流されます。

おふろでも汗が出にくい人は、入浴前にミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲んでおくと発汗を促せます。
極上ミストバスタイムで疲れた身体をリフレッシュ
最新の入浴スタイル「保湿浴」は、従来の「全身浴」や「半身浴」以上に、スムーズにしっかり汗をかける方法です。
ただし、おふろの温度やミストの浴び方、入浴時間によって汗の出かたが違ってきます。

血圧や体温の上昇と、身体への負担が少なく、「全身浴」の約1.5倍以上の汗をかける2つの保湿浴がおすすめです。
もっともっとリラックス!ミストのおふろでエステ
スムーズな発汗を促す「ミスト浴」+「半身浴」。下半身をお湯にひたし、ミストに包まれながら過ごす20分は、
1日の疲れを癒す極上のリラックスタイムです。
この時間は美容にとっても最適な時間。じんわり出てくる汗と皮脂が混じりあって、いわば天然のクリームの役割を果たし、
肌にうるおいをもたらしてくれます。

バスタイムは、キレイになるための絶好のスキンケアタイムでもあるのです。
こまかい無数の水滴に包まれる「保湿浴」のリラックス効果を、さらに活かしたいときにオススメなのがアロマ(香り)です。
湯気とともに広がる香りが自立神経や内分泌系、免疫系を刺激して、人間が本来持っている自然治癒力を
高め、心身のバランスを整えてくれるといわれています。
その日の気分や体調によって、たとえばこんな香りを楽しんでみてはいかが?
アロマのミストに全身包まれて癒されます。
もっともっとリラックス!ミストのおふろでエステ
不快指数が高まる蒸し暑い梅雨時や、眩しい日差しにさらされる真夏日などには、
身体はぐったり疲れています。
そんなときには、「冷水ミスト」がおすすめ!
ひんやり冷たく、こまかな水滴と涼風が火照った身体を包み込んで、汗の不快感をやさしくリフレッシュしてくれます。
寒い冬、おふろに入るのがちょっと面倒になるのは、浴室が寒いせいかもしれません。
そこで、いきなり熱いお湯につかると血圧が急に上がって、健康によいとはいえません。
特に、お年寄りや高血圧の人は気をつけたいものです。
約15分でミストが浴室全体を暖めてくれます。 今までの暖房は床や壁が暖まりづらかったのに、ミストの暖房ならお湯張りしている間に、 床や壁もしっかり暖まります。
ガス生活のご提案「吉本商事」徳島でガスのことなら、吉本商事へ。ガスコンロ・ガス調理器・ミストサウナ・浴室暖房乾燥機・温水式床暖房・給湯器、リフォームもお任せください。
copyright(c) 2008 yoshimoto Co, Ltd. All Rights Reserved.